Apacheの起動・再起動・停止をログで確認する - CentOS 7

Apacheの起動・再起動・停止をログで確認するにはjournalctlコマンドで表示されるログを「-u httpd」で、Apacheのログだけに絞り込みます。

journalctl -u httpd

出力結果のサンプルです。

eb 03 14:54:56 vs01 systemd[1]: Reloaded The Apache HTTP Server.
Feb 03 14:56:44 vs01 systemd[1]: Stopping The Apache HTTP Server...
Feb 03 14:57:02 vs01 systemd[1]: Starting The Apache HTTP Server...
Feb 03 14:57:03 vs01 systemd[1]: Started The Apache HTTP Server.
Feb 03 15:00:03 vs01 systemd[1]: Reloaded The Apache HTTP Server.

末尾から表示する

Apacheの起動・再起動・停止をログを逆順で末尾から表示するには「-r」オプションを使用します。

journalctl -r -u httpd

末尾を自動で取得

ログの末尾を自動で取得しtailコマンドの「-f」オプションのような動作をさせるには「-f」オプションを使用します。

journalctl -f -u httpd