Apacheの設定ファイルをテストする - CentOS 7

Apacheの設定ファイルをテストするにはapachectlコマンドの「-t」オプションを使用します。

apachectl -t

設定ファイルに間違いがない場合は以下のように出力されます。

Syntax OK

設定ファイルの試験が通れば確実に再起動できますか?

設定ファイルの試験が通れば確実に再起動できるとは限りません。

間違っていることは確認できますが、確実に再起動できることは保証できないと考えてください。

経験的には、SSLの設定周辺で、再起動できないことが多いです。

悲惨な事態にならないように、変更する前に必ずcpコマンドで、設定ファイルのバックアップを取っておきましょう。

cp httpd.conf httpd.conf.20200203

Apache設定ファイルへの変更は、すぐに戻せるように、ひとつづつ行うようにするのがコツです。たくさんの箇所を変更して、エラーが出た場合は、原因を特定するのが難しくなります。